トラネキサム酸で目指せ美肌!

トラネキサム酸は、美容クリーム成分でも目にする、抗プラスミン作用のあるアミノ酸です。
凝固してしまった血液を、スムーズに溶かす物質が、プラスミンです。
プラスミンは活発すぎると、血が止まりにくい状態になります。
多くの女性にとって、化粧品に含まれる成分で馴染みのあるトラネキサム酸ですが、本来は抗炎症剤や止血剤として、医療機関で使われてきたものです。
トラネキサム酸配合の美容化粧品で言えば、肝斑に有効として知られています。
長いあいだ医薬品として扱いを受けてきたものですが、肝斑改善に効果があるとして、美白化粧品にも使われています。
医学的に肝斑は、女性ホルモンの乱れが引き起こす症状の一つとも言われています。
しかし、この成分が女性ホルモンに、直接的に作用することはありません。
女性の体はとてもデリケートですし、変化もあります。
妊娠や閉経、経口避妊薬の服用であったり、女性ホルモンが乱れがちになることも多く、肝斑も出来やすくなります。
でも、この成分とは直接関係はなく、ホルモンを修正するものでもありません。
プラスミンという、メラノサイト活性化因子を、この成分がブロックすることが、メラニン発生を抑える事になっています。
その作用で、肝斑は薄くなっていくのです。
この成分の入った化粧品は、美白を目指すシリーズに配合されていることが多いです。
ラインで、化粧水に美容液、美容クリームに専用日焼け止めまで、トータルで出しているブランドもあります。
通常の保湿ケアと比べても、美白を目指したケアは、結果が出るのにも時間がかかります。
継続して美白成分配合の化粧品を使い続けることで、肌の色もだんだん明るさが出てくるものです。
そんな透明感のある、白い肌を目指す人にも、大きなサポートとなる成分です。

■女性にオススメのサイト
美白の秘密はハイドロキノン