紫外線から肌を守る対策

肌に悪影響を与える紫外線は、UVA・UVB・UVCの3種類に分類され、その内UVCは大気に阻まれて地上には届きません。しかし、UVAとUVBは地上に到達して、私たちの肌にさまざまな悪影響を与えています。その紫外線の量は、大気汚染の影響を受け年々増加しています。
UVAはガラスやカーテン、衣服も通り抜けてしまうので、家の中に居てもいつの間にか浴びていることになり、ゆっくりと肌に影響を与えていきます。UVAが一番多いのは春先の5月頃です。
また、UVBは真夏の暑い時期に一番多く、UVBを浴びることで皮膚の細胞膜を破壊し、強い日焼けや皮膚の炎症などを引き起こします。UVBは短時間で肌に強力なダメージを与える紫外線です。
紫外線を長期間にわたり浴び続けると、皮膚にシミやしわ、ニキビなどを作り、肌を老化させると共に皮膚がんなども引き起こします。ですので、いつまでも若々しく健康な肌を保つためにも、紫外線から肌を守る対策をしていくことが必要です。
シミの原因となるのは、紫外線を浴びることで作られるメラニンです。このメラニンの生成を阻害することで、シミを防ぐことができます。それに効果的な成分が「トラネキサム酸」です。
このトラネキサム酸は、肌が日焼けるのを防ぐ働きがあるので、メラニンが生成される初期の段階から抑制する効果があります。また、抗炎症作用もあるので、肌荒れや厄介なシミの肝斑、いつまでも残るニキビ跡などを薄くする効果も期待されています。このことから、トラネキサム酸には、美白効果と紫外線対策効果があると言えます。
ただし、このトラネキサム酸は本来止血剤として用いられてるものなので、血液を凝固する作用があります。よって、血栓のある人の使用は避けましょう。