美容としみと間隔について

美容クリニックでしみ治療をするときに、レーザー治療でターゲットにダイレクトな治療をしてい九方法もあります。しみの原因となっているのはメラニンですが、美容クリニックでのレーザー治療では、そのメラニンだけを破壊することのできるレーザー治療があります。太田母斑や扁平母斑、色素性母斑や老人性のしみ、そばかすなどにも有効な治療方法です。1回でパーフェクトに消えるといいのですが、数回の治療が必要なケースが多いです。間隔としては、近い日程で直ぐに肌への照射をすることはありません。

レーザー治療は、ある程度のダウンタイムがありますから、次回の施術には一定の間隔をあける必要があります。皮膚の浅い部分であれば、1回でも取れるケースがあります。深いしみになってくると、一定の間隔をあけながら、何回かクリニックへ通って、レーザー照射の治療をする必要が出てきます。字になっている場合などは、3回から10回以上は必要となることが多いです。しかし、薄くなってアフターケアもしっかりすることで、再発もあまり心配はありません。

美容クリニックでのしみ治療は、専門の医師が、肌状態を見ながら適した治療を提案してくれます。一般的な皮膚科でも、はじめに相談してみるのも良い手段です。普通の皮膚科では、保険治療で対応をしているためです。美容クリニックでは、医療機器を使用して、肌悩みをしっかりと解消へ導いてくれますが、自由診療なので、回数が多くなりそうな治療だと費用がかさみます。最初に普通の皮膚科で悩みを相談して、美白の内服薬を処方してもらい、様子を見るというのもひとつです。内服薬は医療機関で取り扱いが許可されている、美白効果が期待できるものです。