03/14/16

ヒゲ脱毛に顔用の脱毛グッズと美容外科どちらが良い?

美容に関心のある男性が増えている現在は、濃いヒゲを目立たなくしたいと考える人も多いようです。特にヒゲの濃い男性は、剃った後に青ヒゲ状態になってしまうことをコンプレックスに感じることも少なくありません。また、カミソリや電気シェーバーの使用でカミソリ負けによる肌トラブルが発生してしまい、肌荒れが気になってしまう男性もいるでしょう。
こうしたやっかいなヒゲをすっきり脱毛したいと考えて、顔用の脱毛クリームや脱毛テープ等を使ってみたいと考えている人もいると思います。ドラッグストア等で安価で購入できて、自分のペースで気軽にヒゲを脱毛することができる点はメリットといえます。しかし、お顔の肌はとてもデリケートなので、脱毛クリームや脱毛テープ等を使って頻繁に脱毛していると、深刻な肌トラブルの原因になる可能性があります。また、こうした脱毛グッズではヒゲを再生させる組織にダメージを与えることはできないので、顔用の脱毛グッズで何回ヒゲを脱毛しても、1週間も経てば個人差はあるものの元通りに生えてきてしまうでしょう。
ヒゲを効率的に脱毛するには、サロンや美容外科などでヒゲ脱毛の施術を受けるのが最も安全で確実です。サロンでは光脱毛、美容外科などの医療機関ではレーザーを照射してヒゲを脱毛していくことができます。このようなプロのヒゲ脱毛施術は、顔用の脱毛グッズとは違って、ヒゲを再生させる組織に効果的なダメージを与えることができるので、施術を受ける度に薄く目立たなくしていくことができるのが魅力です。
サロンや美容外科のヒゲ脱毛施術は、およそ5~10回程度で完了します。施術が完了した後は、基本的にヒゲは再生してこなくなるので、毎朝の面倒なヒゲ剃りをする必要がなくなります。カミソリ負けによる肌ダメージの心配がなくなるので、肌トラブルに悩まされることが大幅に減り、男性もきれいなお肌を維持しやすくなります。